Home > 日本スーパーライト級タイトルマッチ

日本スーパーライト級タイトルマッチ

  • 2011年10月 7日 14:11
  • Posted by: 塚本道場 塚本 耕司

 10月14日 筋整流法がサポートしている、ワタナベボクシングジム和宇慶選手が日本タイトルに挑戦します。

 9月東京伝承会で、南海キャンディーズ しずちゃんと和宇慶君の調整を小口先生にしていただきました。

 しずちゃんに会うなり、「重心が浮いてるね」
 左前腕を触診すると、「ジャブ打つ時、脇が上がってスナップが効かないパンチになってんじゃない?」
 さらに強く息をはけないセイガンで、「肋間が詰まってるね。これだと、横隔膜と内臓の環境が良くない。
 膝の巻き押しの方向もしっかり決め、立たすと凛とした様子でした。
 その後、台湾で世界ランカーと試合をして負けてはしまいましたが「また、頑張ります!」と忙しいスケジュールの中、毎日のように練習しております。

 和宇慶選手には調整後、相手が手を出せなくなる急所を伝授してくださりました。

 埼玉での幹部会議の時、「試合にいけないから渡してあげて」と高額の激励賞を出され、そこまではと思ったのですが、先生の縁を大事にされる気持ちに感謝し、お預かりいたしました。
 10月の東京伝承会には、タイトルを取らせて和宇慶選手と一緒にお礼の挨拶に行きたいと思っております。
 今年の1月31日 世界スーパーフェザー級チャンピオン内山選手が防衛戦の時、前座のミドル級4回戦 佐々木君の試合から腱引きを持ってのセコンドがスタートしました。
 肋間調整の凄さ、鼻血の止血、稼働範囲を大きくしスタミナを回復させる事が出来るようになり、ついにタイトルマッチのセコンドまで経験できる事に感謝しております。
 そして佐々木選手は、11月3日に東日本新人王決勝戦を行います。勝って全日本新人王決勝戦となります。
 ワタナベジムには、元日本・東洋チャンピオン・ランキングボクサーがたくさんおります。腱引きに興味をかなり持ち始めており、、弟子と共にサポートをしっかりして行こうと思います。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kenbiki.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/212
Listed below are links to weblogs that reference
日本スーパーライト級タイトルマッチ from 筋整流法公認「塚本道場」
塚本道場 最近のブログ記事
塚本道場 CATEGORY
記事一覧-Archives-
筋整流法本部道場 Home
「腱引き療法」とは
腱引き療法による改善例
筋整流法本部道場 トピックス
筋整流法本部道場 レポート
Feeds

Return to page top